薬剤師だいありー

薬剤師が日々の愚痴を書いたりするブログ

薬剤師になるには

 薬剤師になるには4年ではなく6年学校に通わなくちゃいけません。少し前までは4年制だったんですが、今は残念ながら6年制です。まだ4年制の薬学部もあるんですが、これは薬剤師養成じゃないので薬剤師にはなれません。

 なので薬剤師になろうと思ったら結構時間がかかりますし、私立だと学費もかかります。そして6年きっかりで卒業できるかといったらそんなこともなく、私立の一部ではストレートで卒業出来る人の方が少ないようなところもあるみたいです。

 そうなると薬剤師に6年どころではない歳月がかかり、もちろん学費もその分増えるなんてこともあるみたいですね。これは薬学部ではない、ほかの資格系学部でも結構あることみたいです。

 

 国公立ではあまりこういうことはないみたいですね。なぜ私立の医療資格系の学部は留年が多いのでしょうか。

  実は資格試験の合格率を上げるためです。資格試験の合格率を上げて生徒を集めるのですが、これが低いと生徒が集められなくなってしまいますよね。そうなると学費=運営費用がなくなってしまいます。すごく困るんです。なので合格できそうもない人を受験できないようにするために留年させるんです。

 

 逆に言えば、合格率が高いから安心かと言われるとそうでもないってことです。