薬剤師だいありー

薬剤師が日々の愚痴を書いたりするブログ

公務員として働く

 薬剤師というと調剤薬局やドラッグストアで働くのがポピュラーです。しかし、実は探してみると他にも様々な働き方があるんですよ。

 それでは、薬剤師にはほかにどういった働き方があるのでしょうか?ここではちょっと意外かもしれない薬剤師としての働き方を紹介します。

 

 実は薬学部出身の人にけっこう人気がある仕事に「麻薬取締官」があります。これは薬学部出身である必要もなければ薬剤師免許も必要ありませんが、薬学部で学んだ知識を生かすことができるので人気のある仕事です。

 公務員なので公務員試験を受けることになります。麻薬取締官は国家公務員なので国家公務員試験ですね。

 

 ほかに薬学の知識を活かして公務員になれないのかというと、地方公務員でも薬学の知識をいかす部門があります。地方公務員だと立ち入り検査や環境衛生評価などを行います。

 ほかにも国家公務員で研究所で働いたり、地方公務員として公立の研究所で働くなどの選択肢もあります。

 薬学部の知識を活かして国家公務員として薬事法などの薬と関係した法律に携わるという選択肢もあります。公務員薬剤師というのは結構広い範囲があるのです。詳細はこちら

薬剤師になるには

 薬剤師になるには4年ではなく6年学校に通わなくちゃいけません。少し前までは4年制だったんですが、今は残念ながら6年制です。まだ4年制の薬学部もあるんですが、これは薬剤師養成じゃないので薬剤師にはなれません。

 なので薬剤師になろうと思ったら結構時間がかかりますし、私立だと学費もかかります。そして6年きっかりで卒業できるかといったらそんなこともなく、私立の一部ではストレートで卒業出来る人の方が少ないようなところもあるみたいです。

 そうなると薬剤師に6年どころではない歳月がかかり、もちろん学費もその分増えるなんてこともあるみたいですね。これは薬学部ではない、ほかの資格系学部でも結構あることみたいです。

 

 国公立ではあまりこういうことはないみたいですね。なぜ私立の医療資格系の学部は留年が多いのでしょうか。

  実は資格試験の合格率を上げるためです。資格試験の合格率を上げて生徒を集めるのですが、これが低いと生徒が集められなくなってしまいますよね。そうなると学費=運営費用がなくなってしまいます。すごく困るんです。なので合格できそうもない人を受験できないようにするために留年させるんです。

 

 逆に言えば、合格率が高いから安心かと言われるとそうでもないってことです。

忙しい仕事って?

 自分はその仕事をやったことがないのですが・・・

友人でMRをやっている人がいます。これは結構大変らしいです。

 

 MRってなに?って人いるかもしれません。薬剤師でも知らない人がいるかも?

なにしろ、MRは薬剤師免許を持っていてなる人っていうのはちょっと珍しいです。

理系どころか文系出身でなっている人が多いです。

 

 じゃあどんな仕事なのでしょうか?MRは営業の仕事です。ここまで聞くと薬剤師関係ないじゃんって思うかもなのですが、MRは営業とは言っても薬の営業なんです。じゃあ誰に営業をかけるのかっていうと医師に営業をかけます。

  

 なので、文系でもなれるくらいなので、もちろん薬剤師免許は必要ありません。なんですけど、薬剤師は薬のプロフェッショナルなので、薬剤師じゃない人が営業かけるより薬剤師が営業かけた方が説得力ありますよね。なのでたまに薬剤師でMRになる人がいるんです。

 

 それにこのMR、成績を上げていくと年収1000万円以上稼ぐ人もいます。高給なのでたまになる人がいるんですね。激務なのでそれで給料が安いとなると、薬剤師でなろうって人もさらにいないかもしれません。まあ、給料が高いんです・・・激務ですが・・・

薬剤師の愚痴とか職場とか

 

 このブログでは薬剤師の愚痴とか職場についてとか紹介していくつもりです。いきなりですが、今回から何回かにかけては薬剤師にはどんな職場があるのか紹介していきます。

 

 今回は、調剤薬局について紹介します。

 調剤薬局は、医薬品の調剤を行う薬局のことです。個人経営の調剤薬局もあればチェーン店もあります。チェーンのなかにも、調剤薬局専門のチェーンもあればドラッグストアに併設されているものもありますし、ドラッグストアチェーンが出している併設店ではない調剤薬局なんてのもあります。

 自分はこの中のどの仕事も経験したことがないので詳しくは知らないのですが、同じ調剤薬局でも個人経営なのかチェーンなのか、併設店なのかで結構やることが違ったり、どこまでするのか違ったり、お給料が違ったり・・・など差があるようです。それはもちろん、同じチェーンであってもどこのチェーンなのかで違うので何とも言えないのですが、いわゆる傾向が異なるようです。

 なので、もしこういった場所に転職したい場合は調査した方がいいですね。ちなみに給料について気になったので調べました。参考URLを載せましたので給料について知りたい場合は詳細はこちら